Skip to content Skip to sidebar Skip to footer

雨の日本橋は、超広角スナップ向き|FUJIFILM X-T3 + XF10-24MM F4

東京の玄関口を飾る、クラシックとモダン 旅の出発点といえば、今も昔も間違いなくココ。東京の日本橋は江戸時代に街道の起点となって以来、多くの人の旅の出発点である。そのポジションは今も変わらない。わたしたちが「写真と旅」をテーマに動画をはじめるならばここがスタートにふさわしい。 梅雨明けの蒸し暑い11時、ドン曇りの日本橋でカメラを構える。 どこにレンズを向けても歴史と風格を感じる画になるのでよろしい。通りに面するクラシックな建築、上を見上げるとそれに乗っかる形で空に伸びる高層ビル群。東京2020大会の旗が揺れているのもお忘れなく。目と鼻の先の東京駅、それを超えた先には皇居・江戸城が待ち構えている。 タクシーは大都市それぞれの立派なシンボルになると思っている。ニューヨークでは黄色いNV200、ロンドンは丸っこいキャブが迎える。ここ東京ではオリンピック開催に合わせて「JPN TAXI」というスタイルが広まった。東京のタクシーは狭苦しい高級住宅街を潜り抜けても、大都会を駆け抜けてもいい画になる。 無機質な曇り空の下、ピカピカの車体を輝かせながら通過していく。 大型の高速バスが東京駅のほうへ行ったり来たりするのを見ると、あらためてターミナルっぽさを意識する。ここから首都高に乗れば、日本全国どこへだって一直線に向かうことができる。 ビジネスオフィスが並ぶ区画を歩く。ちょうど平日の正午近かったこともあって、首からIDカードをぶら下げた会社員のみなさんとよくすれ違った。六本木やみなとみらいでも見られる都会らしい光景のひとつ。思い思いにチョイスした飲食店に吸い込まれていく。 私も「そろそろお昼に」とカメラをしまっていたところ、雨がパラパラと降ってきた。すぐに「パラパラ」どころではなくゲリラ豪雨になったので雨宿り。三越向かいのスタバは混雑していたので、ひとまず日本橋の首都高速下に逃げ込む。 土砂降りの雨は写真にとってありがたい。独特の粒子感と霞みを楽しむことができるからだ。降るならぜひ中途半端な雨ではなく、ガッツリお願いしたい。 首都高の下だけにいるだけでも様々なストーリーに出会うことができる。いま日本橋に覆いかぶさっている首都高速都心環状線の高架は将来地下化されるそうだ。日本橋に青空をよみがえらせる、そんな壮大なプロジェクトの予定期間は約40年。青空の日本橋を観たい気持ちもあるが、きっと40年後には「高架も戦後らしくてよかったわね」と懐かしくなるに違いない。 雨上がりを這う 雨上がりのストリートスナップで忘れちゃいけない表現テクニックが「リフレクション・ショット」だ。揺らぎの収まった水たまりは、街並みを幻想的に反射してくれる。ヘッドライトやお店の光源があるとうれしい。 潤いのある金属・植木はとってもきれい。 XF10-24mmF4 R OISで撮影 撮影で主に使用したのは、FUJIFILMのミラーレス一眼「X-T3 + XF10-24mmF4」のコンビだ。XF10-24mmF4はフルサイズ換算15-36mmの汎用広角ズームレンズ。迫力あるスナップショットのほかに、電動スタビライザーを使った動画撮影にもマッチするレンズである。旅には必携の1本。 広角レンズをスナップで使うときはロケ地を注意深く選ばなくてはならない。つまらないベッドタウンで使うとテーマのない散漫な作品になることもあるし、電線や裏山が映り込んでしまうこともある。そういった中途半端な景色ではない、画角が活きるシチュエーションで使いたい。 日本橋では「半端」になる心配がない。あらゆる電柱は地中化され、舞台のように広い歩道がつづく。一方で、角を1つ曲がれば高層建築に囲まれた窮屈な路地に入る。超広角が得意とする"極端なシチュエーション"であふれているのだ。

Read more

eizo-gak.comにお引っ越し

みなさんこんにちは、雪原てとらです。今回はみなさんに「eizo-gak.com」というあたらしいブログをご紹介させていただくとともに、その立ち上げ経緯をお話しします。 なぜリニューアルするの? 「書く」ためです。 ゆっくり解説の原稿を50本ほど書いてきて気づいたことがあります。私の楽しんでいる趣味の1つが、執筆作業だということです。YouTubeの動画を完成させるまでにはいくつかの工程がありますが、その中でも原稿の執筆はとくに楽しい。 ブログはそんな私にとってありがたいスペースのひとつです。YouTubeのようにまとまった内容もいらないし、Twitterのように周りの意見を気にする必要もありません。すべてやりたい放題にできる。 書いていて心地よいブログデザイン ドメイン・サーバー・Wordpress・そして対応テーマを用意すれば、誰でもカンタンに良いデザインのサイトを立ち上げることができます。しかしそれだけでは、旧ブログ「digi-gak.com」を続けることがかないませんでした。 心地よく執筆するための「環境の美」が整っていなかったからです。 digi-gak.comでは国産の無料テーマを採用。「あわよくば広告収入を」と一部の記事に広告を付けていました。しかしGoogle Adsenseやテーマの仕様が壁になりレイアウトが整いませんでした。そのデザインは満足のいく「美」とはならず、気が付けば記事執筆よりもカスタマイズに精を出す結果に。 そこではじめて「書いていて心地のいいデザインがなければ、ブログは継続できないんだなぁ」と気づきました。これは私だけかもしれませんが、UIの良さはアプリやサービスを使うモチベーションを左右します。 今回リニューアルにあわせて、海外のあるWordpressテーマを採用しています。カスタマイズに試行錯誤しましたが、ようやく「書くことに集中できるデザイン」に到達した気がします。もちろんダメダメな部分もまだありますがね… ほどよい「美」「執筆」への追求はまだ続きました。 ブログ立ち上げにあたって参考にしたWebサイトがいくつかあります。その1つが FUJIFILMの「X Stories」です。ここにはFUJIFILMが作ったカメラに対する、写真家や開発者たちのTips・レビュー・こだわりなどがアーカイブされています。 X Storiesでは高度なWebアニメーションは使われていません。けれども、写真ギャラリーと文章そのものに「深み」があることで、見ごたえある記事を見せてくれるのです。これこそ理想だ!と感じました。 新・eizo-gak.comがやりたいこと digi-gak.comでは記事を書いたまま放置していることが多いです。映像学区関連の記事も当時は「テキトー」な執筆をしていたので、誤字脱字・曖昧さの残る文章が残っています。今あらためて見ると、とっても恥ずかしい。そしてサムネイルやブログ全体の統一感もほしい。 新しい「eizo-gak.com」では、まず旧サイトの再編集(リライト)をすすめます。サイト公開にあわせて「映像学区」のタグが付いた記事を用意していますが、今後ここに書きこみを増やすことで映像学区にふさわしいアーカイブを作ります。 やりたいことはもう1つあります。写真や小さなクリエイティブ観を表現する場としてeizo-gak.comを使いたい。 私はFUJIFILMのミラーレス一眼を愛用していますが、写真をゆるくアップロードする場は限られています。YouTubeはメインの拠点ですが、じっくり写真を見ていただくには適しません。TwitterやInstagramは手軽ですが、いやでもView数が目に入ってしまいます。もっとゆったりした、自己中心的なメディアが欲しいのです。 映像学区はありがたいことに登録者2万人を抱える中規模のチャンネルに成長しました。視聴者のみなさまへの感謝を忘れることはありません。 でも登録者が増えるにつれ「見られるもの」「需要と供給のバランス」という考えに、私が徐々に染め上がっている気がしているのです。たしかにそれは登録者がいるチャンネルにとって当たり前の責務。けれど、昔のように純粋にやりたいことを好きなようにやるクリエイティブ・チャンネルも確保しておかねば、と焦りを感じました。 知識や思考のアーカイブサイト、View数を無視して作りなおすサイト。それが「eizo-gak.com」です。

Read more

写真レイアウトだけでオシャレになる動画編集

動画を編集するとき、写真を取り入れるのはいい方法です。しかし最初は写真のレイアウトに悩むかもしれません。それは小難しいデザインの概念に慣れていないからです。 正しいレイアウトを学ぶことで、動画をスタイリッシュにできます。 この記事では、動画における写真のレイアウトを理解しましょう。 画像優位性効果 テキストと比べて、画像は理解が速い。この性質を「画像優位性効果」といいます。プレゼンテーションの資料や絵本では頻繁に挿絵が登場しますが、動画づくりでも同じことをやればいいわけですね。 いま流行りの「ゆっくり実況」でも、キャラクターイラストを使えるのが魅力です。 アスペクト比 動画と写真では、フレームのタテヨコ比「アスペクト比」が異なります。動画では16:9で、写真では3:2です。 この差は動画クリエイターにとって悩みの種になります。上下の狭い16:9の動画に3:2の写真を載せると、写真の上下がフレームと干渉したり、端が見切れたりするからです。レイアウトを整理する必要があります。 レイアウト例①|四角版 四角版レイアウトは、四隅すべてをフレームに納める方法です。 背景を白くしてみましょう。まるでインテリアや写真展のように、おしゃれなギャラリーを動画の上に作ることができます。 四角版は、複数の写真を並べるときにも便利なレイアウトです。 レイアウト例②|三方裁ち落とし 三方裁ち落としは、写真のうち3辺をフレームの端に寄せるレイアウトです。私の場合、写真とテキストを半分半分で分けるときに使います。 余ったスペースを使って、写真をテキストで説明したり、別の写真を貼ったりしてみましょう。うまくレイアウトが整います。 レイアウト例③|四方裁ち落とし 四方裁ち落としは、画面全体に写真を貼るレイアウトです。隅を犠牲にしますがダイナミックな表現が可能になります。構図に余裕のある写真で使えます。 四方裁ち落としで注意すべきなのは、とにかく構図です。余白のないカツカツの写真で司法裁ち落としレイアウトをやると、不自然な切れ方になります。

Read more

FUJIFILM X-T3は金欠オタクを救済する

筆者がカメラを選ぶための基準を紹介します。この基準は、「カメラ1台でムービーもスチルも」という願いがある初心者層~(ミドル)アマチュア層に向いているはずです。条件はいたってシンプルです。 動画も写真もポテンシャルありそう。 安い。 機動性高め。 FUJIFILMのX-T3はこの3つをクリアした優秀なカメラです。 4K59.94p×10bit Log内部記録×JPEG写真の色 スチルカメラでひとつのハードルになってくるのが、4K60pの実現でした。4K撮影ができるとFullHDモニターで見てもその美しさに感動します。60fpsの映像を撮影すれば、あとでスローモーションをかけることができ、表現の幅が広がります。 X-T3がさらに面白いのは、4K60pの状態で4:2:0 10bitが内部記録できることです。これは「カラーグレーディングする際に耐性がある」というふうに思っておけばいいと思います。 HLGのプロファイルを使えばラクなカラー調整ができるほか、F-logでは本格的なカラーグレーディングに対応。逆にETERNAのようなフィルムシミュレーションを使えばグレーディングいらずの素晴らしい映像が本体から出てきます。スチルのJPGもフィルムシミュレーションによって良い色合いを叩き出します。 FUJIFILM X-T3は、現行フラグシップの座をX-T4に譲りました。そのためX-T3の中古価格は10万円を切るようになってきています。4K60pが10万円以下のミラーレスに載っているのは、にわかには信じがたいことです。 4K60pは比較的新しいミドル~ハイエンド一眼カメラに搭載される傾向があります。するとどうしてもカメラボディやレンズや値段が高くなりがちです。 ところがFUJIFILM Xシリーズではこの点を解決できます。APS-Cカメラだけで1マウントを形成しているので、「プロ仕様で快適だ」と感じられるレンズ設計も機能もAPS-Cレンズの価格でゲットできます。 そう、レンズが安い。ふつう20万は平気で持っていかれる純正フラッグシップレンズも、10万円台でゲットできるのです。XF50-140mmF2.8もその一例ですよね。すばらしい。 FUJIFILM Xマウントカメラの機動力 ここでお話しするのは単純なセンサー・レンズによる大きさ重さの問題ではありません。搭載された機能があればカメラ1台で旅に持っていけるか、撮り歩きに適しているか否かというような問題です。 まず、外部にモニターやSSDを付けなくても4K60p 10bitが撮影できます。 「ラン・アンド・ガン」といって、できるだけ小規模の機材セットでなるべく歩き回るのが好きなので、わざわざ外部の収録モニターを付けなくていいのは嬉しいポイント。 できるだけカメラにはSSDやリグ、ケーブルを付けたくありません。スチルカメラで動画を撮るメリットは「とにかく小さくすむ」ということに尽きるからです。 そして、AF(オートフォーカス)が満足に効きます。 動画界隈に愛されるBlack Magic Design、通称ブラマジのBMPCC4Kを選択肢に上げたこともあります。ボディもレンズも比較的安くRAW動画を撮影できるからです。 スタジオで三脚に据えてライティングを作りこんでRAW動画で撮影する、そういった用途であればBMPCC4Kが良いでしょう。でも旅に持ち出すならばBMPCC4Kではやはり無理が出てくると思いました。AF-Cが搭載されていないからです。シネマカメラは作りこむのには向いているけれども、速写性の面ではどうしてもビミョーになります。 FUJIFILMのミラーレスにはAFがついています。初期のXマウント機でAFをやらかしたようで、未だにそのイメージを引きずっていますが、今はたいていのシーンで十分使えるAF性能です。 動画AF-Cも問題なし。SONY機のなめらかなAFには及びませんが、アダプター付きのSIGMA 18-35mm F1.8でも工夫すれば動画AFを使えます。鉄道・スポーツのようなガチの動体撮影をしなければ、FUJIFILMのAFでも満足でしょう。

Read more

動画編集初心者さんは、まず”検索”しましょう

動画づくりにせよなんにせよ、そこそこよさげな作品を作るうえでとにかく一番重要なのは何だと思いますか? 私はここであえて「検索能力」というワードを持ってきたいと思います。 検索しない人々のお話 うp主は昔から「PCやスマホの使い方を教えてくれ」って、いろんな世代からよく頼まれます。お年寄りの方から声を掛けられたこともあれば、クラスメイトからの時もありました。 例えば、Android搭載のスマートフォンの使い方が全くわからない人がいたとしましょう。さて、まず何から教えるべきでしょう? 電源の入れ方でしょうか? いいえ、そんなものはどこか押せばつきます。 うp主がほぼ間違いなく最初に教えるのは「検索ってどうやるんですか」っていうポイントです。非常にシンプルですよね。 Googleのページを開いて、単語で検索。1語ならそのまま打ち込む、2語以上ならスペースを空けて打っていく。だいたいはこれで解決します。でもこれができない人は大勢います。 たしかに検索のやりかたは、検索すれば出てくるでしょう。しかし検索を知らない人はそもそも検索しないのです。 スマホの使い方を教える話に戻ると、スマホの使い方を教えてからすぐになんでも検索できるようになる人って本当に少ないです。これがケータイショップにお年寄りが列を作る原因のひとつになったり、あるべき情報にたどりつかない原因になったりしている、うp主はそんな風にぼんやり考えます。 必須なツールの名前は分かっても、それを使いこなすための手っ取り早い情報は根気よく検索できないと、出てこないものです。 たとえば AviUtlのインストール方法 を知りたい新米クリエイターがいるとします。でも映像学区をチャンネル登録して「インストール方法」の動画を待っているよりは、ほかのチャンネルも検索してわかりやすい解説を探したほうが早いですよね。

Read more

【YMM4】ゆっくり実況で英語までも喋らせるコツと基礎知識

ゆっくりボイスの最大の弱点ともいえる「英語」 の読み上げ。しかし読み上げ文章には、ゲームタイトルのような英語発音を避けられないワードの登場も想定されます。 ここで英語の発音変化を利用しましょう。 今回は、ゆっくりボイスに無理やり英語を読ませる方法を紹介します。

Read more

映像|EOS80D・α6300でめぐる東京鉄道旅

動画クリエイターのYUさんとコラボして、映像作品を作りました。 使用した機材はα6300とEOS 80D。いずれも発売から時間が経って、手の出しやすい価格帯になった一眼カメラです。私はこういうちょっぴり昔に話題になった撮影機材で、その限界を見せてみる作風が大好きなので、ぜひチャレンジしてみようとなりました。 この作品の舞台は、東京の鉄道ターミナル「上野・東京」です。ぜひご視聴ください。

Read more