Skip to content Skip to sidebar Skip to footer

羽田から美瑛へ一直線|銀の世界の前日譚

YouTubeで公開中の、ゆっくり実況『銀の世界の写真旅Ⅱ』。実は、25分間のドキュメンタリー映像に収められなかったカットがいくつかあります。たとえば初日に通りがかった美瑛という町では、まさに北海道らしい風景が迎えてくれました。未公開のままではもったいないので、公式ブログで前日譚として振り返ります。 午前7時の朝焼け。羽田空港 わずか3泊4日で北海道を縦断する今回のゆっくり写真旅。現地での行動時間をできるだけ確保するため、私たちは朝1番の羽田発 - 旭川行きJAL便を予約しました。 まだ日も登っていない時間から羽田空港を目指します。スーツケースを曳いて京急線の駅に立つと、非日常観がすごいですね。周りの乗客達もみんなスーツケースを持っているのが面白かったです。羽田へ一直線、京急らしい朝です。 出発予定日ドンピシャで東京都心に大雪予報が出ていたため、はたして飛行機が飛ぶのか内心焦りが止まらなかったです。スケジュールがきつめですから、1便欠航しただけで動画のクオリティーに影響します。1カットにかかる撮影費用がトップクラスに高いゆっくり実況だと(自負しているので)、緊張感が違いますね。 そんな経緯もあり、冬雲の隙間から朝日が差し込んだ羽田を見た時はホッと一息つきました。 工業地帯・倉庫地区が奥に広がる羽田空港。 機内では、到着前に現地の天候を教えてくれます。服装の目安になっていいですね。 でもいきなり「けさの旭川空港の気温は……マイナス18℃(云々)」とアナウンスされれば、さすがに度肝を抜かれます。満席の機内、旭川に慣れて良そうなお客さんばかりですが、そんな彼らもちょっと動揺するレベルらしいです。勘弁してくれ。 うp主はスキー経験があるので、長野の山岳でマイナス10℃台を経験したことは何回もあります。しかし”空港があるような普通の場所”でマイナス18℃とは、想像を超えてきました。 実際のところは太陽が出さえすればそれほど寒くは感じません。乾いた冷たい風が吹いていますが、カメラマングローブさえあれば大丈夫です。せっかくの晴れを撮影に活かしたいですね。 Kenko カメラマングローブ NEW Grip Hot Shot IV Lサイズ ミトン付き 親指/人差し指開閉式 タッチパネル対応 グリップ素材 WR-NGHS04L created by Rinker ケンコー(Kenko) ¥3,180 (2022/5/20 0:34:00時点 Amazon調べ- 詳細)…

厳冬のJR旭川駅|写真旅へといざなう玄関口

真っ白の世界をファインダー越しに眺める。そんな撮影をかなえるために、2022年冬の北海道写真旅を計画した。4人で巡る弾丸旅程を組んだが、初日はあえて、1人でレンタカーを借りて旭川市内を散策した。川沿いに並ぶ現代的でヨーロピアンな街並みは私の期待を超えていたし、実に満足のいく一眼映像をゲットできた。詳しくはまた別の記事でお話ししよう。 その晩、同行するクリエイター仲間を待ち合わせるまで少し時間が余ったのでJR旭川駅を訪れた。 銀の世界の写真旅Ⅱに登場した風景は、除雪列車・廃線・峠越えなど、いずれも鉄道に関わるものばかりだ。”鉄道”という1つのテーマを考えると「ターミナル駅の雪夜」でスナップフォトをするのは自然な流れだった。 ※コメントでご要望をいただきましたので、本記事ではEXIFデータを載せています。 JR旭川駅の厳かな現代建築 JR函館本線の電化区間は、小樽から札幌・岩見沢を経由して旭川周辺まで。ここが日本の”電車”で到達できる最北地点のひとつといえる。これより先へいくと、まもなくディーゼルカーしか走れない区間に入る。 旭川駅はまた、遥か南からやってきたJRの線路が最後に通る、立派なターミナル駅ともいえる。ここから各路線とも、町こそ経由するけれど、結局は人口希薄地帯の峠に突っ込んでいくあたり共通している。 FUJIFILM X-T3 XF10-24mm F4.0 1/125s ISO4000 凍てつく気候環境に耐えながら目的地へゆく列車の姿は、本当に勇ましく感じる。こんなことを言うと怒られそうだが、旭川は最後のオアシスというか前線基地というか、なんだかそんなシナリオが思い浮かんで勝手に刺さってしまった。すべて夜空と建築と車両の織り成すムードが完璧すぎるせいだ。 FUJIFILM X-T3 XF10-24mm F4.0 1/100s ISO3200 FUJIFILM X-T3 XF10-24mm F4.5 1/60s ISO2000 最終の特急列車を送り出すターミナル 1898年の開業以来、姿を変えながら旭川市内の代表的な建築でありつづけている駅。現在の駅舎は2010年に全面開業した4代目のものである。そのコンコースには北海道産の木材が使われていて格式高い。 暖房のために仕切られたエスカレーターを上り下りしてみる。ここはジャズみたいな音楽まで流れていて温もりを感じた。対照的にプラットホームには北海道の冷たい空気が流れる。 FUJIFILM X-T3 XF10-24mm F4.0…

伊勢原・大山阿夫利神社を散策する。

神奈川県の大山は、信仰・登山・食文化の観光地の1つです。国鉄の"駅"(と称したバス停)が設置されているほど、古くから人々に愛されています。横浜を拠点とする映像学区にとっても、気軽に訪れることができていいです。まぁ地元に住んでいる人間は、気軽に行ける観光地ほど行かないんですが。 小田急の伊勢原駅からバスに乗って約30分ほど。 渓谷や豆腐のお店を通りぬけて、緑のロープウェイに乗車するとすぐに到着です。 首都圏に住んでいると、ついつい大手私鉄に対して「都心からベッドタウンまで」という刷り込みを受けてしまうように感じます。でもベッドタウンのすぐ向こうには、山だったり大自然だったりが待っているわけです。1時間近く電車に揺られていって、いざ「山」を感じるとびっくりします。 そういえば伊勢原に住んでいる私の友人は、「もうすぐ猟のシーズンだわ」みたいなことをよく話してくれました。自然と人間が共存しているわけですね。 この記事は、SONY α6300 と SIGMA 18-35mm F1.8 で撮影しています。撮って出しの色ノリを求めて FUJIFILM のカメラに移行した私ですが、約1年前に撮ったこれらの写真を見て「SONYのJPEG、これはこれでいいなぁ」と思い直すようになりました。線香の質感を巧みに表現してくれています。

バイバイ、Adobeコンプリートプラン

あらゆるクリエイターが結局手を出すことになるソフト群、Adobe Creative Cloud。サブスクリプションタイプの料金体系になっていて、通常加入すると毎年¥60,000 から¥70,000 くらいを支払うことになります。その金額と普及具合から、しばしば「Adobe税」とも呼ばれています。 この1年間、Adobeコンプリートプランに入ることでたくさんの編集ソフトを体験できました、が。 映像学区のうp主として、そろそろAdobeプランの整理をするときだと思いました。他の記事でも述べたとおり、私はプロレベルの動画制作を追求するよりは、カジュアル(お手頃な趣味)レベルでどこまでを当たり前に出来るか探るのが好きだからです。なるべくお金はかからないのが理想でしょう。 近年では代替になりうるソフトも姿を見せてきていることから、よく「Adobeを脱出」と触れ込む記事で紹介されています。 しかし何も考えずにいきなり全プランを解約してしまうのは、なんだか違うような気がしました。それは各ツールのメリット・デメリットを完全無視しているようなものだからです。とりあえずはAdobeから逃げようとするのではなく、そこそこにAdobeに浸り、ほどほどに外部のソフトに置きかえたいと思います。 そのためには、本当に必要な「Adobe 〇〇 CC」がどれなのか、洗い出さねばなりませんね。 これからも使いたいソフト Lightroom Classic Lightroomは、写真管理のソフトとして優秀です。HDDの写真をとりあえず放り込みっぱなしで管理できます。あとは暇な時にライブラリを漁ってレタッチするだけ。 無印版とClassic版のあるLightroomですが、私はClassic版だけを使っています。参考にしているフォトグラファーさん達がみんなClassic版でレタッチしているからです。私は写真の物足りなさをレタッチで補うことが多いので、これからも勉強しながら使いたいと思いました。 Photoshop Photoshopはサムネイル制作に使用しています。特にサイズの大きな「一眼写真」を効率よく処理するなら、Photoshopの出番です。写真を扱うデザインならillustratorよりもこちらのほうが向いています。 以前映像学区の動画で「GIMPを使うと似たようなことができるよ」と書いたことがありますが、使い心地はPhotoshopのほうが勝っていると思っています(これは慣れの問題)。 ちょっとした図形やテキストを入れるくらいのデザインならPhotoshopが便利です。写真・テキスト・図形を使ったコラージュ・サムネイル制作はもちろん、やろうと思えばPDFで電子書籍を作ることもできるはずです。まるでillustratorやIndesignの専業分野に足を踏み入れている気分です。 Adobe Fonts Adobe Fontsは、「小塚ゴシック」や「Futura」はじめ高いクオリティのフォントを無制限にゲットできるサービスです。Adobe FontsでアクティベートしたフォントはPCのAdobe以外のソフトでも使うことができます。 あくまで「いいフォントのピックアップ」なので、デザインをガチでやりたいならフォントメーカーのパックを買ったり、サブスクに投資することをおすすめします。とはいえ、趣味レベルで動画を作るには十分すぎるラインナップなので、これからも積極的に使いたいと思います。 代替が効くソフト Premiere Pro…

XF35mm F1.4がなぜ素晴らしいか

2012年発売 ”神の単焦点レンズ” 映像学区の愛用しているFUJIFILMのミラーレス規格、Xマウント。その黎明期に誕生したレンズが「XF35mm F1.4 R」です。発売から10年経った現在でもその人気は衰えず、「神レンズ」と界隈で崇拝されています。今回はこの35mm F1.4を実際に1シーズン使ってみた感想を書きます。 正直私は「神○○」や「買わないと損」というクチコミをあまり信じない人間なので、ただ言葉遊びに乗じているだけじゃないの?と思っていました。このXF35mmはだいぶクセのあるレンズだからです。 まずフォーカスモーターがとてもうるさい。よくある画角の純正単焦点レンズなのに前玉が動く。ゴミが入らないか心配。レンズキャップが緩すぎて使い物にならない。絞りリングの固さがロットによって違う。 「こんなモノを推すFUJIユーザーは、マゾヒスト集団なのか」と思っていた頃さえありました。でもいざ使い慣れるとその感想や印象ががらりと変わったんです。やはり良いモノは使ってみて、やっとちゃんと魅力が分かるなぁと思いました。 「これ。デメリットなんて、どーでもよくなってくる銘玉だぁ(錯乱)」 画質の面白さ ボケのクオリティが高いです。すごくとろ~んとしています。 「何気ない日常を映画っぽく」というフレーズはこじつけがましくて個人的にはあまり好きではないですが、このXF35mm F1.4にはそんな言葉がとても似合います。たとえば、生活感あふれる台所シンクにカメラを向けると、簡単にドキュメンタリーフィルムのような色と画が映ります。 ボケが綺麗なくせに、ピント面の解像度もちゃんと高いです。細かいテクスチャにピントを合わせるとよく解像します。 試しにFUJIFILM X-T3 に XF35mmで撮影すると、LCDのプレビューがチリチリして見えます (白い細かなテクスチャが、青や黄色に分かれて輝く)。なんともブログでは表現しづらいんですが、これは非常に解像度の高いレンズを付けて撮影したときにX-T3で発生する現象です。SIGMAの18-35mm F1.8でも見られます。LCDの限界に近いせいなのかしら。 フラット化する世界(上) created by Rinker ¥3,510 (2022/05/20 15:57:41時点 Amazon調べ- 詳細) …

はじめての一眼カメラ選び(風景)

新しく趣味として自然の景色を撮りたいと考えています。オススメのカメラを教えていただけないでしょうか? という質問をDMで頂いたので、回答したいと思います。 機材選びでまず大切なことは、「どの焦点距離のレンズが必要か」そして「最低限どんな性能(ex : AF? センサーサイズ? 携帯性?)がカメラに求められるか」を知っておくことです。 たとえば風景撮影では画のダイナミックさが求められるため、広角ズームレンズと望遠ズームレンズの使用頻度が高くなります。カメラのキットレンズに広角レンズが付くことは稀なので注意してください。 中古価格基準で、いくつかのプランを用意しました。急いで書いたのでちょっと見にくい記事ですが、参考になれば幸いです。(このページは公開したまま、ゆっくりと加筆修正します。) 予算10万付近まで|ミニマルなAPS-Cミラーレス一眼 ・【ボディ】SONY α6300またはα6500 APS-Cのコンパクトさを体現したデザイン。予算カツカツでも、SONYの旧型機くらいならギリギリ手が届きます。特にα6300はコスパ最強です。α6500には手振れ補正がついています。いずれも型落ち機ですが、風景撮影入門としてはおススメできるレベルだと思います。4K動画は30pまで。 2021年現在、SONYがAPS-Cにあまりやる気を出していないのが難点。 ・E PZ 18-105mm F4 G OSS。動画用に作られたレンズ。伸び縮みしないのでジンバルで便利。 ・E 10-18mm F4 OSS。Eマウント APS-C用の広角ズームレンズはこれか、TAMRON11-20mmF2.8。 ・TAMRON 17-70mm F/2.8 Di III-A…

春風の季節、工業地帯から空を見上げる|X-T3

横浜は日本有数の港町です。「銀の世界の写真旅Ⅰ」では、雪に包まれたまっ白な横浜の姿を目にしました。1年を通して、映像学区はこの街の春夏秋冬あらゆる表情を写しています。 季節は移り変わって春の陽気に包まれる3月。海風のあたたかいこの季節には、横浜市南部の「ガチの工業地帯」である根岸を訪れました。ここにはエネルギーや物流の拠点が集まっています。JX(ENEOS)の石油基地はここから関東にガソリンを届けます。J-Powerや東京電力の火力発電所は、ここから首都圏に安定した電気を届けます。南本牧のコンテナターミナルには海上コンテナが無数に並びます。どれもすがすがしい青空が似合う建築物ばかりです。 FUJIFILM X-T3とレンズたち(35mm、56mm、10-24mm)をカバンに放り込みました。いつもより身軽な装備で日本を支える拠点を持って巡ります。 Ryuto_tokutetsuさん ( @ryuto_tkg )が今回のお散歩を誘ってくれました。彼のすばらしい作品は「PVSF」という映像作品投稿祭で公開されています。α6400で撮影された動画は、1:1フォーマットの映像記録に生まれ変わりました。ぜひご覧ください。

JR宗谷本線をゆくラッセル列車を追う|4K

ゆっくり映像学区の動画シリーズ「銀の世界の写真旅」、第2章では日本の最北端である北海道を目指します。現在鋭意制作中ですが、編集の済んでいるカットから厳選して先行公開します。 本作では、北海道の旭川から稚内までを結んでいるJR宗谷本線を訪れます。厳冬期になると昼間と深夜にラッセルが走る路線です。廃止の続くJR北海道管内でも、この路線は立派な"本線"としてしぶとく生き残っています。 JR宗谷本線は、日本最北への路線です。 このラッセル列車が走るダイヤは、通常の列車と同じようにほぼ固定されているようです。運よく走ってくれると、威厳のある雪かきの姿を拝めるため、撮り鉄のみなさんには人気の列車です。 集落のない森林地帯の中にチラチラと見えるのは、ラッセル列車の作業灯です。私はこの光景をみて、「まるで深海を神秘的に泳ぎ回る巨大生物のようだ」と思いました。彼方に見える線路が少しずつこちらに近づいてくるのを見ると、電動スタビライザーを抱える右手が震えそうになるほど興奮します。 動画はすべて、FUJIFILM X-T3を電動スタビライザー DJI RSC2に搭載して撮影しました。レンズはXF10-24mm F4。いつもおなじみの広角ズームレンズがここでも威力を発揮してくれました。表現豊かな4K60p 10bit収録によって、編集もラクでした。ちょっぴり後悔しているのがホワイトバランスです。AWD(オートホワイトバランス)が転けまくるというX-T3のクセは、覚えておかねばと思いました。 ※この撮影は、雪道に慣れているドライバー・周囲を確認する担当・最小限の機材を持ったカメラマンという人員で、余裕ある計画をもとに遂行しています。厳冬期の撮影は危険が伴うので、(万が一)真似をする際は絶対に無理のないよう実施してください。実際に我々は路面のコンディション等を考えた結果、予定の撮影時間を半分で切り上げています。 エンジン音とともに踏切を通過する 雪を巻き上げるラッセル

映像はカンタンに人を騙していく

ウクライナで戦争が起きています。 このできごとは、世界の流れを大きく変えることでしょう。争いを憂うのは、戦場の人たちだけではなくなりつつあります。世界のVlogger・Photographerの中でも、この事態に反応するクリエイターをちらほら見かけるようになりました。政治的な発言を普段全くしないような人たちであることを考えれば、改めてこの事態がただ事ではないと感じます。 私が見かけた例を、いくつかご紹介します。 ① ロンドンを拠点とし、ニューヨークや東京での取材作品も多いフォトグラファー、Joe Allamさんは『This week.』という動画を投稿しています。彼は「私になにができるのか」と自分自身に問い掛け、ロンドンの反戦集会をフレームに収めています。 "The images taken are just JPEGs straight out of camera, sharing the scenes I saw and amplifying voice." この動画の写真はJPEGの撮って出し、と概要欄に書かれていました。SOOC(撮って出し縛りの写真撮影)という文化がストリートスナップにはありますが、まさかこのようなシーンで本領を発揮するとは想像していませんでした。いつもはRAW現像されている彼の写真とは対照的なJPEG。それは写真家が見た光景を、まさに「ありのままに」伝えています。フラットな色味には、どこか灰色で重い空気感があります。 ② スウェーデンのビデオグラファー、Peter Lindgrenさんは『Why this…

雪の横浜から越後湯沢へと – 銀の世界の写真旅

イントロダクション 2021年から2022年にかけて、日本は各地で"雪"を迎える冬シーズンとなりました。 12月には中部地方や関西地方で雪のマーク。彦根ではかつてない積雪に苦しめられたほか、名古屋市沿岸部でも雪が積もり、高速道路が規制されました。年明け後には、首都圏でも雪が降ります。東京では5cm以上の積雪を観測。北海道では札幌周辺で慣れない量の雪が降り、JRの都心エリアに深刻な打撃をもたらしました。 四季のある日本に住む人々は雪に対して様々な感情を抱きます。たしかに気象のせいで交通が不便になったり、建物に被害が出たりするのは面白くありません。でも雪に対する印象はいつもネガティブなものばかりではないのです。 珍しい降雪に思わずスマートフォンをかざす人々の表情を見ると、まるで冬の寒さも少し和らいだような温かい気持ちになります。都会の平日に雪が舞うなら、その1日はちょっと特別な休日の気分です。 日本に住む人々は、雪に対して様々な文化を形成しました。雪多いこの冬、私たち映像学区はそんな文化のごく一部にふれて『銀の世界の写真旅』として記録することにしました。 今回はその第Ⅰ章( Chapter.1 )です。 『銀の世界の写真旅』第Ⅰ章 首都圏に雪が舞った日、横浜のみなとみらい地区を散策します。 4K60fpsで撮影されたスローモーション映像は、ゆっくりと白く覆われるモノクロの港町を綺麗に描きだします。モダンな建築がならぶ横浜は、ゆっくり映像学区の拠点としてこれまでいろいろなカタチで登場してきました。普段から見慣れている街だからこそ、雪の風景には圧倒されます。 旅の後半ではJR上越線に飛び乗って、新潟の越後湯沢駅周辺に足を伸ばします。 JR上越線は、高崎-新潟間を結ぶために作られた鉄道です。1931年に開通した「水上-越後湯沢」区間では、厳しい自然環境の谷川岳・清水峠をつらぬくために複雑な線形とトンネルを駆使して、ここを突破しています。地図をみると、その無理やりとさえいえる構造に目が釘付けとなります。しかも清水峠には、現在まで自動車の入れる一般国道が開通できておらず、高速道路の関越トンネルか三国峠を通るしかありません。 そんな歴史に目を向けていると、現在のJR上越線「上越国境」には寂しさも感じます。上越新幹線の開通によって、1日5往復程度の旅客列車と貨物列車のみが走るだけとなった線路は、もはや近代の遺産と言っても過言ではありません。複線かつ長いホームが残る越後湯沢駅にも、10両を超える定期列車はしばらく来ていません。 そんな哀愁漂う湯沢周辺を、FUJIFILM X-H1と単焦点レンズで写します。